マーケットの大波乱はいつ起きるのか

日経平均は再び2万円目指し上昇へ

日経平均は2000年3月27日に2万円を一時回復。この時は1997年7月以来だったが、今年はいつ2万円に到達するのか(写真:ロイター/アフロ)

米国の株価の「頭」が重くなってきた。NYダウは、3月2日(月)の1万8288.63ドルをピークに、疲労感が漂っている。ただし当面は、深刻視するには当たるまい。

米国市場の「疲労」は、いったん良く寝れば回復

米国株が疲労している「二つの理由」を披露しよう。一つは、最近の米経済指標が冴えないことだ。住宅着工件数、小売売上高、自動車販売台数など、ことごとく減少している。

特に3月25日(水)発表の「2月の耐久財受注」が、前月比で増加が見込まれていたところ、実際には1.4%減少し、大きな悪材料となった。この日NYダウは、前日比で292.60ドル(1.62%)の大幅安だった。加えて、前週末の3日(金)発表の「3月の雇用統計」は、雇用者数が前月比12.6万人増と、20万人を割り込む小幅な増加にとどまった。

しかし「経済指標が1~2月に悪化する」という現象は、昨年2014年にも表れた。今年も昨年も米国では厳冬で、大雪の日も多かった。こうした天候要因が剥落し、3月分以降の数値は徐々に持ち直すだろう。

実際、4月1日(水)発表の「3月の自動車販売台数」(軽トラックと乗用車の合計)は、前月比で5.5%の大幅増となった。前述の雇用者数前月比については、1月が20.1万人増、2月が26.4万人増と、厳冬にもかかわらず好調だったので、逆にその反動が3月に出たのだろう。

次ページ「米国一辺倒」の反動が起きている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。