転落のgumi、希望退職100人募集へ

ブラウザゲーム事業の譲渡も決定

「最終的なゴールはエンタメ企業で世界一になること」と語っていた國光宏尚社長(撮影:今井康一)

[東京 27日 ロイター] - ゲーム開発・運営のgumi3903.T>は27日、ブラウザゲームからネイティブアプリへの転換に伴い、100人程度の希望退職者を募集すると発表した。また、一部のブラウザゲーム資産を譲渡することも併せて決めた。譲渡価格は未定で、業績予想への影響については希望退職費用を勘案した上で、あらためて開示する。

希望退職は3月30日から4月17日まで募集。退職日は4月30日。同社は2012年からブラウザゲームからネイティブアプリへの転換を進め、それに伴い、人員の再配置も行ってきた。この結果、2014年5月─15年1月期のブラウザゲームの売上高は全体の9.3%まで低下。「ネイティブアプリへのシフトはほぼ完了した」(同社)なかで、一部で配置換えが遅れていたことなどを踏まえ、希望退職の募集に踏み切る。

同社の今年1月末日時点の連結従業員数は契約社員も含め901人。今回の希望退職の対象は、本体と開発子会社のgumiWestだが、対象2社の従業員数は明らかにしていない。

一方、譲渡するブラウザゲームは「ドラゴンジェネシス」と「幻獣姫」の2タイトルで、4月末までに完了する。ゲーム譲渡は2015年4月期の営業外収益か特別利益に、希望退職費用は特別損失として計上する予定。

同社は昨年12月18日に東証1部に上場したものの、そのわずか2カ月半後に業績予想を黒字から赤字に修正したことで、投資家の批判が集まっていた。

*内容を追加し、カテゴリーを変更しました。

 

(志田義寧 植竹知子 編集:野村宏之)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。