日立製作所は千葉県の日立ディスプレイズにも被害、大阪の日立マクセルは乾電池をフル生産【震災関連速報】

日立製作所は千葉県の日立ディスプレイズにも被害、大阪の日立マクセルは乾電池をフル生産【震災関連速報】

日立製作所は17日、東日本大震災の被害を受けた生産拠点がこれまでから1拠点増え、合計で7拠点になったことを明らかにした。建屋、生産設備の損傷が新たに確認されたのは、千葉県茂原市の日立ディスプレイズ茂原事業所。同工場では、タブレット端末やデジタルカメラなどに使われる中小型ディスプレイを生産していた。

このほか、被害を受けている6拠点は次のとおり。日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、同都市開発システム社水戸事業所(茨城県ひたちなか市)、同情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市)、日立アプライアンス多賀事業所(茨城県日立市)、日立オートモティブシステムズ佐和事業所(茨城県ひたちなか市)、同福島事業所(福島県伊達郡)。 

一方、日立アプライアンス栃木事業所(栃木県栃木市)は17日から計画停電の時間帯を除いて、ルームエアコンなどの生産を開始。情報・通信システム関連製品を生産する神奈川県の主要拠点も、17日から通常どおりの操業を始めたという。大阪府茨木市にある日立マクセル大阪事業所は乾電池をフル生産、東日本の電力不足対応に全力を挙げている。

原発事故については、24時間の緊急対策室を設置し、政府と東京電力の共同対策チームに技術者を派遣。現地での対策に必要な資材調達や作業支援を行っている。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

(写真は被災前の日立ディスプレイズ茂原事業所)

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。