画期的!アルツハイマー病患者に朗報

<動画>バイオジェンが治療薬の効果を発表

本文が日本語訳となります(音量にご注意ください)

アルツハイマー病の治療薬という分野は、これまで失敗の連続でした。しかしここで大きな前進がありました。バイオジェン・アイデックの治験薬が、患者の認知機能の低下を大きく遅らせることに成功した、その第一号となったのです。

また研究結果を検討したところ、アルツハイマー病の発病で重要な役割を果たしていると思われる、脳内の垢のような、ある物質を減少させる効果があることも分かりました。

コーウェンのアナリスト、エリック・シュミットは、「見事な」結果だと述べました。アルツハイマー病の専門家の見解も踏まえて、次のように述べました。「当社のコンサルタントによると、データは信頼でき、説得力があり、特段の疑問点もないことを確認したということです」。

バイオジェン・アイデックによると、安全性と認容性についても許容できる範囲でした。しかし副作用が無いわけではありません。脳の組織周辺の水分量が過多になり、5分の1以上の患者が頭痛を訴えました。今回の小規模な実験には、アルツハイマー病の初期患者166人が参加しました。

バイオジェンの株価は急上昇

バイオジェン・アイデックの株価は今年に入り28%の上昇傾向にありましたが、さらに急上昇しました。ロバート・ベアードの上級アナリストクリス・レイモンドは目標株価を500ドル近辺とした上で、「いままでアルツハイマー病の治療薬を見てきた中で、今回のデータはかなり印象的なものだ」と述べました。

バイオジェン・アイデックは次の段階として、薬の承認申請につながる大規模な治験の実施を計画しています。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。