頭のいい人は「青ペン×A3見開き」だった!

東大生も外資系コンサルも実践している

早稲田塾から大ブームになった青ペン勉強法
受験生から口コミが広がり、ビジネスパーソンの間でも注目を集めている「青ペン」勉強法。前回記事に続き、『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』の著者であり、この勉強法の考案者である早稲田塾創業者の相川秀希氏に、社会人に有効な実践法を聞いた。
※前回記事「頭がいい人はなぜ『青ペン』を使うのか?」はこちら

なぜ黒でなく、赤でもなく、「青」なのか?

――「青ペン書きなぐり勉強法」を実践した高校生たちが、ハーバード、東大、京大、早慶など、難関大学への現役合格を達成したというお話を伺いました。なぜ、黒や赤ではなく「青」が効くのでしょうか?

「青ペン書きなぐり勉強法」には、2つの技があります。ひとつは「青ペン記憶術」、もうひとつは「書きなぐりノート術」です。青ペン記憶術は、ノートに覚えたいことを書きまくるというシンプルな手法で、「記憶力が飛躍的に向上する」効果があります。「記憶」に、青という色が、なぜ大きくかかわるのか。 

記憶力向上に結び付く青ペンの効果として言われているのが「鎮静効果」と「印象効果」です。

「鎮静効果」とは言い換えれば、リラックスできるということ。行動生理学の観点から、青には興奮した気持ちを鎮め、落ち着かせる効果があると言われています。青い文字を書き連ねることで、リラックスした状態で、勉強に集中することができるのです。

一方、よく採点や添削で使われる「赤」は、「興奮」の色。闘牛士の商売道具です。強調したい箇所をマークするには有効ですが、リラックスには逆効果。あるOBが、「赤で書き連ねると、呪われたみたいな気分になる」と表現していました(笑)。

次ページ「なにもかも書く」と時短になる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。