東日本大震災による危機管理及び新卒採用に関しての人事向けアンケート調査

東日本大震災による危機管理及び新卒採用に関しての人事向けアンケート調査

HRプロ株式会社
 このたび、人事向けポータルサイトを運営するHRプロでは、東日本大震災による危機管理及び新卒採用に関しての人事向けアンケート調査を実施した。その速報をお知らせする。

 3月11日に発生した東日本大震災により被災された皆さま方に心よりお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 HRプロでは、この度の地震に対する危機管理及び新卒採用における対応について、人事担当者の情報共有・交換のためのアンケートを実施している。
 即時的な危機対応はすでにさまざまな方法で実施されているが、他社の事例を知ることで参考になることは多々あるだろう。また、東北地方の学生に対して、今後新卒採用でどのような対応をとろうとしているかを聞いた。以下、速報データをリポートする。

●使用した連絡手段

図表1:地震発生後、社員との間で使用した連絡手段をお選びください(複数回答、回答数99)

 地震発生後、社員との間で使用した連絡手段を聞いたところ、1位は携帯電話で82%、2位は固定電話と携帯メールで68%だった。まずは携帯電話で連絡を取った企業が多いが、つながりにくい状態のことが多かったようだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。