富士通はPC生産を一時的に移管準備【震災関連速報】

富士通はPC生産を一時的に移管準備【震災関連速報】

富士通グループのデスクトップパソコン製造子会社、富士通アイソテック(福島県伊達市)は震災により操業を停止しているが、デスクトップPCはノートPC製造の島根富士通へ、PCサーバーはスーパーコンピュータやUNIXサーバーを製造する富士通ITプロダクツ(石川県)に移管することを検討中であることがわかった。春の需要期を控えて、製造設備の損傷ばかりでなく、電力などインフラを含めた復旧メドがはっきりしないための一時的な施策で、本格的な移管は考えていない。復旧すれば生産は戻す意向だ。

また、計画停電の影響で操業が安定しない那須工場(携帯電話の製造修理、無線基地局装置製造)は、緊急対応として、16、18両日は夜間操業でしのぐ。計画停電が長引く場合、自家発電装置の導入など、安定操業できる方法を検討する。また、携帯電話については、一時的に富士通周辺機(兵庫県)の増産で対応することも検討している。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。