「就職サイト」を笑う者は、就活に泣く

君は就職サイトなしで就職できるのか?

3月1日に開催されたリクナビ主催の合同企業説明会。対象はUターン学生と理系学生。リクナビでは全学生を対象にした大規模な合同企業説明会だけでなく、ターゲットを絞った合同企業説明会も開催している。学生は効率的に企業を選ぶことができる。(東京ビッグサイト、撮影:今井康一)

知らない企業を紹介してくれるのは就職サイト

3月1日に新卒向け就職サイトが本格オープンした。多くの学生が登録する一方で、就職サイトに対して「エントリーをあおる」「ミスマッチを助長する」などの批判が多い。しかし、就職サイトは就活生にとって役に立たないものなのか。就職できない学生がいるのは就職サイトのせいなのか。

「エントリーをあおる」と批判する人たちは、「簡単にエントリーできるので、情報過多で学生が混乱する」と言う。しかし、情報が少ないよりは多い方がいい。学生は知名度の高い一部の企業しか知らない。こうした学生は就職サイトを使うことでいろいろな企業を知ることができる。

就職四季報総合版2016年版は好評発売中(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

情報を整理できないのは就職サイトの責任ではなく、学生の責任ではないのか。そもそも多少はあおられないと企業研究を始めない学生が多い。就職サイトから勧められた企業にプレエントリーすることで、就活がスムーズに進むというケースは多い。

それではリクルートキャリアが運営する「リクナビ2016」を見てみよう。業種やエリアなどを選択するとそれに合った企業がアップされる。たとえば、自動車業界を選択すると、主要自動車メーカーはもちろん、自動車部品会社なども出てくる。自動車業界を志望する学生ならば、主要メーカーを知っているのは当然だが、部品メーカーについては詳しくない。リクナビが知らない部品メーカーを紹介してくれるので、効率的に企業を探すことができる。

また、業種ではなく、特定のテーマを基に企業を探すことも可能だ。たとえば、リクナビ特集の中の「世界を舞台に活躍できる」をクリックすると海外展開に熱心な企業の一覧を見ることができる。

次ページエントリー数が少ないと、後で就活が行き詰まることも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。