しまむらは109店で営業停止。東北・関東中心に営業時間も短縮【震災関連速報】

しまむらは109店で営業停止。東北・関東中心に営業時間も短縮【震災関連速報】

カジュアル衣料専門店のしまむらは16日、東日本巨大地震の被害についての詳細を発表した。

15日時点で被災した店舗は365店(全国1647店)、うち建物の損傷などで営業停止を余儀なくされている店舗は109店に上っているという。損壊の状況は津波による店舗全体の流出、天井の落下、フロントガラスの破損などさまざまで、今後、応急処置で安全が確保できる店舗については順次、営業を再開させていく方針だ。

なお、東北・関東甲信越での電力不足に対応し、東北6県と関東7県に、山梨県、新潟県、静岡県の店舗を加えた約850店で、閉店時間を18時(通常店舗は19時閉店)に短縮する方針も発表した。該当店舗は看板灯の消灯も開始している。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。