クックパッド、月280円の有料会員はお得か

150万人がカネを払うネットコンテンツの本質

スマートフォンが普及したことで、プレミアム会員と呼ばれる有料会員がここ4年で100万人程度増加。飛躍的な伸びを記録した(撮影:梅谷秀司)

1995年といえば、マイクロソフト「ウィンドウズ95」の発売や「インターネットエクスプローラー」の登場に代表されるように、インターネットの普及に弾みがついた節目だった。あれからちょうど20年。ネットはすっかり日本社会に溶け込んだ。近年はスマートフォンの普及に伴い、「誰でもいつでもどこでも」ネットにつながる環境が急速に整った。

この間、さまざまなビジネスが勃興・成長する一方で、翻弄されてきたプレーヤーは少なくない。そのひとつが、新聞社や雑誌出版社など、文字や写真を主体とするコンテンツを紙に載せて売ってきたメディアだ。「ネットは無料が当たり前」という認識が広がる中で、無料記事の閲覧に伴うページビュー(PV)獲得による、ネット広告収入をよりどころにしてきたものの、それだけでは紙の落ち込みを十分に補えない。コンテンツの有料販売により新たな収益源を確保していけるかが、課題としてのしかかっている。

そんな状況を尻目に、ネット上で、文字や写真を主体としたコンテンツの有料化に成功を収めている企業がある。日本最大の料理レシピサイトを運営するクックパッドだ。創業はあの楽天と同じ1997年。日本のネット業界では古参の存在でもある。

「時間を買う」感覚の有料サービス

クックパッドはユーザーが投稿した料理レシピが集まるサイトで、パソコン(PC)やスマホ、ガラケー(フィーチャーフォン)などから合わせて月間約5000万人(のべ)が訪れる。20~40代女性の多くが使っているとされる、人気のネットサービスである。投稿された料理レシピの数は、直近で約200万品にも及んでいる。

次ページ習慣化する課金サービス
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。