デ杯で錦織勝利、日本はカナダと1勝1敗

7日にダブルス、8日にシングル2試合対戦

錦織は第2試合でバセク・ポシュピシルを下した

[6日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)ワールドグループは6日、各地で1回戦を行い、日本はカナダと1勝1敗で初日を終えた。世界ランク4位の錦織圭は第2試合で同62位のバセク・ポシュピシルを6─4、7─6、6─3で下した。

第1試合では世界ランク85位の伊藤竜馬が同6位のミロシュ・ラオニッチに2─6、1─6、2─6で敗れた。2日目にはダブルス1試合が行われる。

そのほかの対戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを擁するセルビアがクロアチアに2勝0敗、フランスがドイツに2勝0敗でリードした。

王者スイスはロジャー・フェデラー、スタニスラス・ワウリンカの主力2選手を欠くなか、ベルギーと1勝1敗とした。
 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。