ツルハHDは90店が被害、うち25店は原発避難指令で営業不可能状態【震災関連速報】

ツルハHDは90店が被害、うち25店は原発避難指令で営業不可能状態【震災関連速報】

北海道を地盤とするドラッグストア、ツルハホールディングスは、東日本巨大地震の影響によって、東北地方6県、茨城県内で展開する90店舗が営業停止となっている。そのうち、25店舗は東京電力・福島原子力発電所周辺の避難指令を受けて、営業ができていない。

ツルハHDの店舗は940店。全体の1割が地震の被害を受けていることになる。業績への影響は避けられない見込みだ。

東北地方では道路や電力などインフラの復旧が困難な地域もあり、物流網が通常化するメドは立っていない状態。会社側は「従業員の安否確認や営業情報の収集など、最善の手をつくしている」としている。

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。