オリンパスは主力製品の3拠点が操業停止。ただ、建物損傷などの被害は小さい【震災関連速報】

オリンパスは主力製品の3拠点が操業停止。ただ、建物損傷などの被害は小さい【震災関連速報】

オリンパスの東日本大震災による影響は、関東以東の3拠点に及んだ。それぞれ、停電や建物の一部損壊などが発生しており、操業停止の状態だ

操業停止中の拠点は以下の通り。

青森オリンパス(青森県黒石市追子野木):医療用処置具の生産
 会津オリンパス(福島県会津若松市門田町):医療用、工業用内視鏡の生産
 白河オリンパス(福島県西白河郡西郷村):光源装置、画像処理装置など生産

3拠点ともに、同社の主力製品である医療用関連の機器を手がけているため、操業停止状態が長引けば業績への影響が懸念される。ただ、建物は壊滅的な状態ではない。軽傷者はいるが、重傷の従業員はいない模様。電気などのインフラ関連や、部品調達先の工場が復旧すれば、オリンパスの拠点も順次再開する可能性が高い。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。