三井化学の市原コンビナートは石化原料の生産を異常なく継続、コスモ石油の火災は影響なし【震災関連速報】

三井化学の市原コンビナートは石化原料の生産を異常なく継続、コスモ石油の火災は影響なし【震災関連速報】

三井化学は14日、石油化学コンビナートの主軸となる市原工場(千葉県市原市千種海岸)において、石化製品の基礎原料の生産を、東日本巨大地震の以前と変わりなく継続していることを明らかにした。

同じ市原市の海岸沿いにあるコスモ石油千葉製油所のガスタンクでは火災が発生。14日朝の時点で鎮火には至っていないものの、これとは立地が離れているため、三井化学のコンビナートに影響は出ていないという。

三井化学の市原工場は、ナフサ(粗製ガソリン)を原料に石化製品の基礎原料となるエチレンやプロピレン、B−B留分などを生産している。これらの基礎原料が、コンビナート内の化成品メーカーに渡り、合成樹脂や合成ゴム、合成繊維原料、界面活性剤などの石油化学誘導品となる。

ただ、同コンビナートに属する三井化学のグループ企業の千葉フェノールと三井・デュポン ポリケミカルの工場は震災の影響で、操業を一時停止しているもようだ。現時点で2工場の再開に向けた詳しい情報は入っていない。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
キヤノンの「脱」本業<br>御手洗冨士夫 独占激白

カメラ、プリンタ、複写機の事業で利益の大部分を稼ぐが、もはや成長力は失われ、利益率も低下。御手洗会長は「新規事業こそ本業」と断言し、買収で本業の転換を図る。成否はいかに。