個性炸裂!自分専用の携帯電話を作ろう

<動画>外装を自分で設計し、3Dプリント

イギリスのスタートアップ企業「OwnFone(オウンフォン)」は目下、クラウドファンディング会社であるKickstarter(キックスターター)によるキャンペーンを展開しているところだ

「本当に自分だけの携帯電話を作る」というのが、この会社のコンセプト。開発者で創業者のトム・サンダーランド氏は、自宅にいながら、携帯電話のデザインをできるという。

動画00分17秒~)「これは、開発者のためのキットです。自宅にいながら、自分の携帯がプリントできます。一般的なインクジェットプリンタ、3Dプリンタ両方に対応しています。作成に必要な材料と、ソフトウェアさえあれば、誰でも自由に作りたい物を作れるのです」

携帯電話の外装をプリンタでプリントした後、それを基板の両面に取り付ける。USBで接続し、オウンフォンのプログラムすれば、すぐに携帯電話として使用できる。自宅に3Dプリンタがない場合には、ロンドンにあるオウンフォンの店舗に行けば、その場で携帯電話の完成を待つこともできる。サンダーランド氏は次のように説明する。

動画01分12秒~)「あなたはデザインを描くだけ。いたってシンプルです。これがアプリです。4つのボタンの携帯電話を選んで、あとは好きなように絵を描くだけです。それが終わったら、私たちはデザインを取り込んで、すぐにプリントします。店を出る時には、使用可能な新しい携帯電話を持っていて、そこには描いたばかりの絵がプリントされているというわけです」

オウンフォンは、通話機能に特化しており、複雑な機能はない。そのため、子供向けのおもちゃ電話、もしくはスマホとの2台持ちユーザーの「ネタ」として、若干の人気を集めるかもしれない。

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。