後藤さん殺害受け、官邸前で静かなデモ

<動画>「武力はいらない」などと主張

音量にご注意ください

2月1日、首相官邸前に200人ほどの人々が集まった。手には、「哀しみと抗議の官邸前サイレント行動」「武力はいらない」「敵を作らない外交こそが日本人を守る」などと書かれた用紙を持った人々の集団で、後藤健二さん殺害のニュースを受けて集結した。

25歳の社会福祉事業家である菱山菜穂子さんは次のように言う。

(動画00分09秒~)「なくならせるためには、私たちは戦争とかそういうテロを生み出すもの、あらゆるものを排除していかなければならないと思うので、武力で平和は作れない、という言葉のもと、私たちは平和的な運動、平和を求める運動を、これから強めていかなければいけないと思っています」

定年退職者のスナガタカオさんは次のように言った。

(動画00分45秒~)「戦争を止めることこそ、悲惨な戦争を起こした日本がそこに入っていかないことこそ、今必要なのではないかと思って、2人の人たちの気持ちもこめて、平和を訴えたいということで、ひとことでもそれを訴えたいということで、ここに来ました」

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。