サムスン電子、復活をめぐり韓国で大論争

アナリストの見方は「真っ二つ」

1月14日、ニューデリーでタイゼンOSを用いた端末「Z1」を発表した(写真:ロイター/アフロ)

「底打ちはしたが……」。韓国証券市場の時価総額の2割を占めるサムスン電子。低迷を続けてきた業績は、上向いた。同社の2014年第4四半期(10~12月期)決算(2015年1月8日に発表の速報値)は、売上高52兆ウォン(1ウォン=約0.11円)、営業利益5兆2000億ウォンだった。前四半期の売上高47兆4500億ウォンより9.59%、営業利益4兆ウォンより28.08%増加した。

サムスン電子は事業部門別の数字は発表しなかった。だが、韓国KDB大宇証券によれば、半導体とディスプレーが主体のDS事業部門は14年第4四半期に約2兆9000億ウォン前後の営業利益をあげたと推定。3兆ウォンの営業利益を予想する証券会社もある。

DS事業部門は2010年以降、四半期ごとに3兆ウォン以上の営業利益を記録したことはない。スマートフォンと情報通信(IT)のIM事業は1兆9000億ウォン、消費者家電(CE)部門は4000億ウォン前後の営業利益を上げたと予想されている。

アナリストは目標株価を相次ぎ上方修正

不振にあえいでいたサムスン電子が第4四半期に期待以上の実績を記録すると、証券業界は一斉に目標株価を引き上げた。同社の決算発表後、同社関連のアナリストレポートを発表した証券会社は全部で14社。

それを見ると、目標株価を最大170万ウォン台まで上方修正したところもある。LIG投資証券が145万ウォンから175万ウォンと引き上げたのを筆頭に、NH投資証券も165万ウォンに。ハイ投資証券も156万ウォンから163万ウォンへと上げ、IBK投資証券やアイエム投資証券、新韓金融投資、未来アセット証券はすべて160万ウォンを掲げた(編集部注:1月28日現在の株価は138万ウォン)。

普段はなかなか引き上げない外資系証券会社も、一斉に目標株価を変更した。CIMB証券が145万ウォンから155万ウォン、野村證券も160万ウォンから165万ウォンへ上方修正している。

次ページ半導体事業が親孝行役に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。