後藤健二さんの新たな画像・音声がネットに

<動画>今後はヨルダン政府の判断が焦点

音量にご注意ください

私はケンジ・ゴトウ・ジョウゴです。日本国民、そして日本政府の皆さん。これが私の最後のメッセージになると言われています。また、私の解放を妨げている障壁は、今や、ヨルダン政府がサジダさんの引き渡しを遅らせていることだけだとも言われています。

I'm Kenji Goto Jogo. To the people of Japan and the Japanese government. I've been told this is my last message and I've also been told that the barrier obstructing my freedom is now just the Jordanian government delaying the handover of Sajida.

全ての政治的圧力をヨルダンにかけるよう、日本政府に伝えて下さい。残された時間はもはや非常に短くなっています。彼女のために必要なのは私です。これを理解するのが、何故それほど難しいのでしょうか。彼女は10年間、囚人でした。私は数カ月間拘束されているだけです。彼女と私の交換です。ヨルダン政府がこれ以上時間を引き延ばせば、彼らのせいでヨルダン軍のパイロットが死ぬことになります。それに続いて、私も死ぬことになるでしょう。

Tell the Japanese government to put all their political pressure on Jordan. Time is now running very short. It is me for her. What seems to be so difficult to understand? She has been a prisoner for a decade and I've only been a prisoner for a few months. Her for me, a straight exchange. Any more delays by the Jordanian government will mean they are responsible for the death of their pilot which will then be followed by mine.

私が生きるために残された時間は、24時間しかありません。パイロットに残された時間はさらに短いのです。どうか、私たちを見殺しにしないで下さい。先延ばしにしようという駆け引きがこれ以上続けば、私たちは二人共殺されてしまいます。ボールは今、ヨルダン側のコートにあるのです。

I only have 24 hours left to live and the pilot has even less. Please don't leave us to die. Any more delaying tactics will simply see both of us getting killed. The ball is now in the Jordanian's court.

 

イスラム国武装集団が公開したとみられるこのビデオ動画には、オレンジ色の服を着た後藤健二さんの画像が映し出されており、動画の話者は、あとわずか24時間しか生きられないこと、そして、同じく同武装集団に拘束されていると見られるヨルダン人パイロットには、さらに短い時間しか残されていないことを伝えている。

同武装集団は、有罪判決を受けたイラク人自爆テロ犯、サジダ・リシャウィのヨルダン刑務所からの釈放と引き換えに、後藤さんを解放すると伝えている。後藤さんが持っている写真パネルの人物は、ヨルダン人パイロット、ムアーズ・カサースベさん2014年12月、シリア東部での米軍主導連合軍の爆撃中に自身の戦闘機が墜落し、イスラム国武装集団に捕らえられた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。