ギリシャ総選挙、急進左派陣営が勝利

チプラス党首「緊縮終わった」

 1月26日、25日投票のギリシャ総選挙では、最大野党の反緊縮派、急進左派連合(SYRIZA)が300議席中149─151議席を獲得する見通しとなった。写真は、SYRIZAのチプラス党首、25日撮影(2015年 ロイター/Marko Djurica)

[アテネ 25日 ロイター] - 25日投票のギリシャ総選挙は、開票率およそ92%の段階で、最大野党の反緊縮派、急進左派連合(SYRIZA)が300議席中149議席を獲得する見通しとなった。

SYRIZA関係者は、チプラス党首が、26日中に首相に就任し、遅くとも28日までには新政権を樹立する見通しを示した。

SYRIZAの得票率は36.3%。サマラス首相率いる与党・新民主主義党(ND)を約8.5ポイント上回っている。

サマラス首相は敗北を認めた。しかし、急進左派が単独過半数である151議席を獲得したのかどうかは、最終結果を待つ必要がある。

急進左派のチプラス党首は支持者を前に勝利宣言。国際支援団体が課した財政緊縮という「屈辱と苦難の日々」は終わったと表明した。

急進左派のスポークスマンによると、サマラス首相はチプラス党首に電話をかけ、総選挙での勝利に祝意を伝えた。

SYRIZA関係者によると、チプラス党首は、「政権支援あるいは連立への参加を確認するため」独立ギリシャ人のカンメノス党首と26日の午前10時半に会談する予定。また、政権樹立前に中道政党のポタミや共産党の党首とも会談する意向で「26日中に首相就任宣誓を行い、新政権は27日中、遅くとも28日朝までには発足する可能性が最も高い」という。

急進左派が政権を獲得すれば、緊縮を求めるドイツなどとの軋轢が深まり、70億ユーロ超の次回の支援策実施が不透明になりかねない。

ギリシャでは失業率が25%を超え、貧困に苦しむ人も多い。国民の間で「緊縮疲れ」が広がる中、急進左派は急速に支持を伸ばした。

チプラス党首は「壊滅的な緊縮は終わった。恐怖と独裁、屈辱と苦難の日々は終わった」と宣言。「公平かつ、相互の利益となるような解決策」に向けて、ユーロ圏指導者と協力する、との姿勢を示したが「ギリシャと国民が失った尊厳を回復することを優先する」と述べた。

チプラス党首は債務再交渉を公約に掲げるが、欧州委員会・欧州中央銀行(ECB)・国際通貨基金(IMF)の「トロイカ」はギリシャに支援条件順守を要求。チプラス党首はユーロにはとどまる方針を示しており、反緊縮の主張も以前よりトーンダウンしているが、「チプラス首相」が誕生すればユーロ圏は難しい対応を迫られることになる。

ギリシャ向け支援の期限は2月28日。チプラス党首にとって喫緊の課題は、70億ユーロ超の救済資金支給をめぐる不透明感を払しょくすることだ。EU財務相は26日、ギリシャ支援について協議する。

キャメロン英首相は、ギリシャ総選挙の暫定結果についてツイッターでコメント。欧州経済に不透明感が広がりかねないと警告した。

フランスのオランド大統領は声明を発表し、チプラス党首に祝意を示したうえで、ユーロ圏の成長と安定のため協力する姿勢を示した。

急進左派勝利の暫定結果に市場は神経質な動きを見せた。朝方のアジア市場ではユーロが11年ぶり安値に接近。米株先物も下落した。

急進左派が第1党になることがほぼ確実になった今、注目されるのは単独過半数を獲得するのかどうかだ。単独過半数に届かない場合、他の政党と連立を組むか、少数与党として政権を樹立することになる。

連立などを模索する交渉は、すぐにでも始まる見通しであり、小政党「独立ギリシャ人」のカンメノス党首と、中道政党「ポタミ」のセオドラキス党首は、急進左派への支持に前向きな姿勢を表明している。

<ドイツの対立は不可避>

ドイツ与党の有力議員であるヴォルフガング・ボスバッハ氏は、総選挙の暫定結果について、ギリシャ国民が緊縮を拒否したことを示す、と述べる一方、欧州は受け入れることはできない、と表明した。独紙に対して「合意の破棄を認めることはできない。危機に見舞われたほかの国に対して、完全に誤ったメッセージを送ることになる」と指摘した。

ギリシャは借り入れコストが非常に高いため、市場での資金調達が事実上、不可能になっている。向こう数カ月に必要な資金は確保しているとされるが、夏にかけて100億ユーロの債務が返済期限を迎える。

*一部フォーマットを修正しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。