ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和著

ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和著

科学ジャーナリストである著者は、人類全体の歴史を300片のジグソーパズルにたとえ、現在はそのうち30片ほどしかわかっていない状況だという。今後、予想されてこなかった発見が相次げば、進化人類学の歴史は次々に塗り替えられていく可能性があり、それはダーウィンの「進化論」とて例外ではないとされている。

今世紀に入って10年でも、インドネシアの島で新種人類ホモ・フロレンシエンシスが発見され、新種である可能性が高い人類がシベリアでも発見されたという報告もある。

最新の学説や調査状況をリポートしながら人類700万年史をひもとく。相次ぐ発見をもたらした科学技術の進歩も興味深い。

ちくま新書 903円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。