グリーンランドの溶け方、かなり速かった

<動画>すべての氷が溶けると海面は7m上昇

グリーンランドの氷床の溶けるスピードはかなり高速だ

科学者たちは、グリーンランドの氷床が解けて海へと流れる速度について、新たな知見を発見した。氷が失われる仕組みは、現在の説明に使われているモデルよりも複雑であることを研究者たちは突き止めた。

海面はこれまでの想定より速く上昇していく

ナレーションは英語です(音量にご注意下さい)

海面は今まで考えられていたより速く上昇するかもしれない。これは、グリーンランドの氷床を扱った、2つの新たな研究によって明らかになったものだ。NASAが提供する、大規模な氷床の変化を追跡したデータを使用した結果、科学者たちは、水がどのように氷床の表面の下を流れているのかをより理解することができただけでなく、氷床が海へと向かっていく仕組みを、今までで最も詳細に表した図を作成できた。

グリーンランドの氷の喪失を説明した現在のモデルには、全体の氷床がどのように解けて海へと流れていくのかを予測するために、よく研究がされている4つの氷河が使用されている。新しい研究によると、このアプローチはあまりにも単純過ぎるものであり、氷が解けるのに関わる全ての要素を考慮していないとしている。

科学者たちは、氷床全体が解けた場合には、地球の海面は7メートル以上上昇し、世界中の沿岸地域は壊滅するとしている。研究者たちは今、より正確なモデルを今後開発するために、氷の下を流れる水だけでなく、グリーンランドにある242の全ての氷河を追跡しようと計画している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。