ハウステンボスが牽引、HISの華麗なる変身

円安進行もハネのけて3割増益を達成

今年のハウステンボス「光の王国」の目玉は、世界初の運河イルミネーションだ

旅行代理店大手、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)の快走が止まらない。12月5日に発表した2014年10月期の売上高は5232億円で前期比9.1%増、営業利益に至っては159億円と同34.3%の大幅増となった。

円安進行もあり、日本人の海外旅行需要は横ばい状態。海外旅行のイメージの強いH.I.S.が、こうした状況下でも高成長を遂げられたカギは国内事業にある。その象徴が長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」だ。

入場者数は4年で倍増

H.I.S.会長の澤田秀雄氏が経営を引き継いだのが2010年4月。以来、1000万球以上の電球を用いたイルミネーション「光の王国」など、広大な敷地を生かしたイベントを投入してきた。これにより、全世代が一日を通して楽しめるテーマパークに一新。2014年度の入場者は279万人と、4年間でほぼ倍増した。

インバウンド(訪日外国人客)が大きく貢献したように見えるが、実は入園者の9割が日本人だ。テーマパークとしての魅力を再構築したことで、日本全国から多くの観光客が訪れるようになった。ハウステンボスを組み込んだ国内旅行商品も増やし、リピーター獲得にも成功している。

次ページ死角はないのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。