ペヤング全量回収、「異物はゴキブリ」の衝撃度

全商品販売中止、工場再開の時期は未定

12月11日現在、「ペヤング」シリーズはすべて販売中止となっている(撮影:尾形文繁)

やきそば即席麺「ペヤング」シリーズを主力商品として展開しており、群馬県伊勢崎市に本社を置く、まるか食品は12月11日、「製造過程でゴキブリが混入した可能性を否定できなかった」として、2商品の自主回収を発表した。

対象となるのは「ペヤング ハーフ&ハーフ激辛やきそば 235g 賞味期限:2015年5月9日 JANコード:4902885003465」と「ペヤング ハーフ&ハーフカレーやきそば238g 賞味期限:2015年5月9日 JANコード:4902885003649」である。

全商品の販売を中止

ゴキブリの混入は、外部委託機関からの分析結果をもとに、社内で検証を行った結果、判明したものである。

12月に入り、消費者から「ペヤングハーフ&ハーフ激辛やきそば」に虫が混入していたと指摘を受けたのが、事の発端だ。現在はすでに工場の生産を止めており、全商品の販売も中止している。

次ページ自主回収品以外でも返金に応じる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。