勉強のムダ8割、どう選別すればいいの?

100点を取ろうとするから試験に落ちるのだ

「捨てられない」の悩みは勉強の分野でも同じです……(kaka / Imasia)

学生時代だけでなく、大人になっても勉強は続く。ただ、家庭や仕事を抱え多忙な社会人にとって、資格や英語などの試験勉強は大きな壁となる。この連載では開成→東大→司法試験一発合格という「試験突破のプロ」鬼頭政人・資格スクエア代表が、悩めるビジネスパーソンからの勉強相談に鋭く切り込みアドバイスする。著者への勉強相談はこちらのフォームから!

鬼頭さんの著書『頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである』(KADOKAWA/中経出版)も発売中
【勉強相談vol.6】「ムダ8割」の削り方がわかりません
教員採用試験の、中学英語科を受ける予定です。以前一度だけ受けたのですが、滑りました。
当時は英語のリスニングがほとんどわからない状態で、一般常識は壊滅的。理科、社会、数学は、中高時代と変わらず60点レベルでした。全体的に(明らかに暗記不足だった一般常識以外は)鬼頭さんのおっしゃる「知識はあるが、知識同士がつながらず問題に対応できない」という段階だったのだと思います。
次回試験に向けては、現在、英語は単語・連語を覚え、過去問に取り掛かっています。それ以外は、優しい基本問題集を歴史から始め、地理、公民、理科、数学へと進め、慣れたら、参考書のレベルを徐々に上げていこうと考えています。
今年中にやることはこのくらいです。このように書き出してみると、すべて必要な勉強で、削るべき場所など見つけられませんし、むしろやるべきことがどんどん湧いて来るようです。鬼頭先生は以前のコラムで「あなたの試験勉強は8割がムダ」とおっしゃっていますが、どこから削ったらいいのかわかりません。
(44歳、女性、休業中)

 

もう、複雑骨折状態です

うーん、ご質問を一読しただけで勉強の効率の悪さが伝わってきますね……。これはいかにも、複雑骨折です。ぼっきぼきです。

英語のリスニングがほとんどどわからない状態で、どうしてそこに注力せず英単語・連語を覚えているのか。壊滅的だった一般常識の勉強をせず、なぜ60点も取れている理科、社会、数学の勉強から始めているのか、てんで理解できません。ある程度わかる分野の勉強をして安心感を得たいのか、得意科目で80点を取ってカバーしたいのか。いずれにせよ、すばらしく非効率です。

ご質問者様がやっているのは、言わば「100点を取るための勉強法」。そうなると、どこを削ったらいいのかわからない、だからといってすべて勉強する時間はない、だから受からない。至極単純な“負の連鎖”です。

次ページそれは must なのか nice to have なのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。