外国人投資家は「リベンジ」を狙っている

なぜ日経平均は、急騰後下がりにくいのか

いよいよ総選挙へ。選挙中に外国人投資家が仕掛けてくる、という可能性はあるのか(ロイター/アフロ)

「常在戦場」、巻き返し狙う外国人投資家

個人投資家は「休む」と言う選択肢があるが、ファンドの運用者にはない。売るか、買うかだ。もちろんヘッジの建玉があるので、100%の買いや100%の売りはないが、売りか買いかの判断が、生きるか死ぬかの結果につながる。

まさに「常在戦場」(いつも戦場にいるつもりで事に当たれ、の意味)だ。解散で議員にスポットライトが当たっているが、「常在戦場」は、何も衆議院議員の専売特許ではない。

手口を見ても、その凄さがわかる。東京証券取引所発表の投資主体者別売買動向を見ると、黒田バズーカ砲が発射された10月31日からの外国人投資家の現物・先物合計買い越し額は、3週間で4兆2683億円に及ぶ。

その前の4週間で2兆6771億円の売り越しだったことを考えると、超ド級の「ドテン買い」だ。期待したGPIFの手口と思われる「信託」の買いは、10月第1週から5週連続買いとなったが、その買い越し額合計は7597億円に過ぎず、6週目となる11月第1週から早くも売り越しになっている。外国人投資家のスケールの大きさと日本株に及ぼす影響力は計り知れない。

次ページ関係が微妙になった黒田総裁と政権側
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。