テレビが助長する「日本人特殊論」の功罪

「日本、喪失と再起の物語」を読む

テレビ番組が「日本人特殊論」を助長しているのだが・・・(写真:Graphs / Imasia)

これからも日は沈み続けるのだろうか。それとも、いったん没しかけた太陽は自らを大きく変革し再び昇るのだろうか。あるいは成熟国家として、ある程度の富を保ちながら退屈ではあるが緩やかで穏やかな社会を、長期間にわたり維持し続けるのだろうか。

その答えは誰にもわからない。なぜなら歴史とは、つねにひとつの方向にのみ流れ続ける川ではないからだ。それに、私たちがどのような社会を建設していきたいのかというコンセンサスが今の日本社会の間にあるとも思えない。

テレビ番組により助長される、日本人特殊論

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

ただ、今の日本が大きな歴史の分岐点に立っているという認識は広く共有されているのではないだろうか。そんな時代の空気感こそが、昨今の「日本はすばらしい国」といった内容のテレビ番組の氾濫の原因でもあるのだろう。

本書の著者も間違いなく日本はすばらしい国だと思っている。しかし、それは日本人が好み、日本びいきの外国人も同意するような日本人特殊論に依拠してはいない。

それ故に、日本人にとっては耳に痛い話も書かれている。ネット右翼と呼ばれる人たちが読んだら目くじらを立てて怒るかもしれない。太平洋戦争の原因に対する記述には反論もあろう。また従軍慰安婦の強制連行などの記述もある。

だが従軍慰安婦の問題については、朝日新聞が誤報を認めてから著者はこの問題に対して慎重な姿勢をみせているという。欧米の知識人の間で、いかに朝日新聞が発した誤報が浸透してしまっているかということをあらためて思い知らされる。

そのような問題がありつつも、本書は日本人がどのような近代を歩み、また、日本社会にどのような価値観の争点があるのかを時に手厳しく、時に日本への愛情を込めながら解説する。

次ページ世界の中の日本の位置づけって?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。