仕事の効率を上げる「PCスーツ」の正体

気になるコストパフォーマンスは?

女性も男性もPCスーツを着用!

9月に東証一部に上場したことで話題となったリクルート。そのグループ企業である「リクルートライフスタイル」が、社員用の仕事服として、「PCスーツ」を導入した。

仕事服といっても、昔ながらの事務服ではない。身に付けるだけで、デスクワークの疲れを軽減してくれる、という夢のようなスーツだ。PCスーツとは、スポーツメーカーのデサントが2013年春に販売した「SKINS・RY400」の通称。いったいどのようなものなのだろうか。

コンプレッションウエアを仕事服に

SKINSはランニング用のコンプレッションウエアのブランド。コンプレッションウエアとは、ランナーがパフォーマンスをアップするためにウエアの下に付ける長袖やタイツのこと。適度に体を締め付けて血流を促進し、筋肉にたまった疲労物質を速やかに心臓に戻してやる。特に「第2の心臓」とも呼ばれるほど、重要なポンプ機能を持つふくらはぎへの圧迫が決め手となる。これが、コンプレッションウエアによって疲れにくくなり、またパフォーマンスが向上する原理である。

PCスーツもこれと同じく、血流促進による疲労軽減の働きをする。ただ、じっとしているときに使うことが前提のため、締め付け具合はランニング用のものよりもゆるめに設計されている。

次ページもともと疲労軽減のための製品だった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。