"ノキア"が復活、タブレット「N1」の実力

携帯電話事業は売却したがタブレットは継続

 11月18日、ノキアは自社ブランドのタブレット端末「N1」を発表した。写真はヘルシンキで同日撮影(2014年 ロイター/Heikki Saukkomaa/Lehtikuva)

[ヘルシンキ 18日 ロイター] - フィンランドの通信機器メーカー、ノキア<NOK1V.HE>は、自社ブランドのタブレット端末「N1」を発表した。米マイクロソフト<MSFT.O>に携帯電話・デバイス事業を70億ドル強で売却してからたった6カ月後のブランド復活となる。

新製品は米アップル<AAPL.O>の「アイパッドミニ」を意識したデザインとなっており、製造や流通、販売は台湾の鴻準精密工業(フォックスコン・テクノロジー)<2354.TW>がライセンスを受けて行う。

基本ソフト(OS)には、米グーグル<GOOGL.O>の「アンドロイド・ロリポップ」を採用。

来年第1・四半期中に中国で発売する予定で、価格は249ドルになるとみられる。

ノキアのテクノロジー部門製品責任者、セバスチャン・ニストロム氏は、同社はさらにデバイスを投入する意向で、ゆくゆくはライセンス付与を通じて、スマートフォン(スマホ)事業の復活を目指すと表明した。

同氏はロイターに対し、マイクロソフトとの合意の下で現在はスマホを手掛けることをできないが、2016年になれば市場に再び参入ができると明らかにした。

マイクロソフトは新型スマホ「ルミア」でノキアの名前の使用をやめたが、他の携帯電話については引き続きノキア・ブランドで販売している。

携帯電話事業売却後のノキアは、ネットワーク機器、ナビゲーション技術、および、スマホ特許の事業を展開している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。