マイクロソフト、次はゲーム部門に大ナタ?

主力部門は手堅いが、Xboxが懸念材料

リストラを進めるナデラCEO。決算はまずまずだったが、今後ゲーム事業をどう位置付けるか(写真:ロイター/アフロ)

米マイクロソフトは7月22日、2014年4~6月期(第4四半期)決算を発表した。1株当たりの利益は、60セントの市場予想に対して、実績が55セントと下回った。一方、売上高は229億9000万ドルの市場予想に対し、実績が233億8200万ドルと上回ることができた。前年同期比では、それぞれ18%増収、7%減益である。

4月に買収を完了し、新たに決算に組み込まれた旧ノキアは、マイクロソフトに19億8500万ドルの売り上げをもたらしたが、同時に6億9200万ドルの営業赤字ももたらした。事前には慢性的赤字を抱えるノキアの端末部門が加わることによって、業績を落とすと予想していた関係者も多かったようだ。

サーバやクラウドは順調

忘れてはならないのは、マイクロソフトの近年の成長を支えてきたサーバ部門が前年同期比16%増と、引き続き伸びたこと。さらに企業向けのクラウド事業が約2.5倍の規模に成長している事実だ。これらが牽引役となり、全体の営業利益は64億8200万ドル(前年同期比7%増)と、堅調だった。

前述したサーバやクラウドに加え、ウィンドウズの改良版投入や「ウィンドウズXP」のサポート終了に伴う買い換え需要などで、パソコンメーカー向けライセンス、企業向けライセンスの売り上げのほか、オフィス部門も着実に売り上げを伸ばしている。「オフィス」はクラウド対応で加入料金タイプのビジネスモデルに切り替わっているが、個人の加入者は100万人増えて560万人になった。

次ページ合理的なナデラCEO
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。