王貞治選手と榎本喜八選手の違い

荒川野球塾塾長・荒川博氏③

あらかわ・ひろし 元プロ野球選手・コーチ・監督。1930年東京都生まれ。53年に毎日オリオンズ入団。61年引退後、読売巨人軍打撃コーチ。74年ヤクルト監督就任。76年退任。王貞治、長嶋茂雄、広岡達朗、榎本喜八らに打撃指導を行った。現在、荒川野球塾塾長など。

僕が王(貞治選手)のコーチとして巨人に呼ばれたのは、オリオンズにいたときに榎本(喜八選手)を育てたから。当時の巨人の監督、川上(哲治)さんから、「榎本みたいなバッターを作ってくれ」と言われた。榎本は、川上さん、山内(一弘)さんに次いで史上3人目に二千本安打を記録した名打者だ。

彼は王と同じで、僕の母校、早稲田実業学校の出身。甲子園に3度出場している。その練習を見に行ったとき、榎本は僕に「プロ野球に入るにはどうしたらいいですか」と聞いてきた。「朝5時に起きて、学校に行く前に毎日500本ずつ、3年間バットを振れば、プロ野球に入れるよ」と答えた。

すると榎本が高校3年の秋、僕の自宅にやって来た。「私は毎日500本、バットを振りました。だからプロ野球に入れてください」と言う。当時オリオンズ監督の別当(薫)さんに頼んだら、「今年は新人が16人入るから、もういらない」と言う。それでも「練習だけでも見てください」とむりやり頼んで見てもらったところ、別当さんも納得し、オリオンズへの入団が決まった。

技術的には王よりも榎本のほうが上だった

プロ1年目から3番打者として活躍し、その年のオールスターにも選ばれた。2年目も順調だった。ところが3年目に少し打率が落ち、4年目もさらに少し落ちた。それで5年目のシーズンオフに、僕が「3カ月間、俺の家に泊まれ」と言って、一緒に合気道の道場に通った。榎本には、技はあるけれども、「気」がないと感じたからだ。僕はその2年前から合気道の朝稽古に通っていた。

 武道家は、強くなると、相手に「俺はこいつにはかなわない」と思わせるような「気」を発することができる。野球でもそれは同じで、「このバッター、強いな」とピッチャーに思わせることが大事。榎本にはそういう「気」の出し方を教えた。すると翌年、榎本は3割4分を打ち、初の首位打者になった。

榎本はまじめだから、さらに突き詰めようとした。王もよく練習したが、その突き詰め方は違った。王は運よくホームランになれば喜んだが、榎本はホームランになっても、こう打てばもっとよかったと考える。技術的には王よりも榎本のほうが上だった。しかし、榎本は極めようとしすぎたのだろう。精神的に大変な状態になった。その点、王は適当にサボることを知っていた。突き詰めた先に、ゆとりや遊びが生まれた。この点が、世界一のホームラン王になれた王と、そうでなかった榎本の違いではないだろうか。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。