テレ東が、ついに民放の「勝ち組」になった!

前期好調だったテレビ朝日は低迷

業績予想を上方修正したテレビ東京(撮影:梅谷秀司)

民放キー局5社の2014年4~9月期(上期)決算の数字が出そろった。本業の儲けを表す営業利益は3社が減益となる厳しい環境の中、通期の業績予想を上方修正したのがテレビ東京ホールディングス(HD)だ。同社の期初予想は減益だったが、上期は前年同期比11.6%増の26億円で着地。通期でも11.4%増の53億円となる見通しだ。

テレ東HDが好調な理由は2つある。1つは「アイカツ!」を中心に、アニメ番組のグッズ販売が伸びたこと。もう一つは、広告収入のベースとなる視聴率が引き続き上昇しているからだ。

「YOUは何しに日本へ?」「世界ナゼそこに?日本人」などのバラエティ番組が牽引し、ゴールデンタイム(19~22時)の視聴率は7.1%と前年同期比0.2ポイント上昇した。上期のゴールデンの視聴率が上がったのは、キー局で日本テレビ放送網とテレ東の2局だけだ。

また全日(6~24時)についても0.3ポイント上昇した。「過去のハリウッド映画を放送する13時台の『午後のロードショー』などの視聴率がじわじわと上がっており、16時台の情報番組『L4YOU!』も制作費をかけたら数字に表われた。手を入れたら視聴率が上がるという手応えを感じている。広告収入をさらに伸ばすには全日を上げていかなければならない」とテレ東の髙橋雄一社長は意気込む。

本業が一番伸びたのは日テレ

ただし各社の本業である放送事業を見ると、テレ東の独り勝ちというわけではない。視聴率で断トツのトップなのは日テレだ。ゴールデンの視聴率は12.3%と前年同期比0.7ポイント上昇し、伸び率ではテレ東を上回っている。2位であるテレビ朝日のゴールデン視聴率は10.1%。前期は僅差の接戦を繰り広げたが、今期は大きく差を広げた。

プライムタイム(19~23時)や全日の視聴率も上昇した。「月曜から夜ふかし」、「ナカイの窓」などのレギュラー番組や「ZIP!」「情報ライブミヤネ屋」など平日の帯番組が高視聴率を維持。10月開始のドラマ「きょうは会社休みます。」も5回の放送平均で16.3%と、高視聴率の目安とされる15%を超えている。

本業は絶好調。にもかかわらず、日本テレビHDの営業利益は162億円と前年同期から3.9%減少した。なぜなのか。

そもそも日テレは今期業績について、期初から減益を見込んでいた。今年2月に買収した定額制の動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組調達費や広告宣伝費など先行投資がかさむためで、同事業で30億円の赤字になる見通しだ。テレビ事業を手掛ける日本テレビ放送網単独では前年同期比14.4%の2ケタ増益を確保。他のキー局に先駆けてインターネットの分野に大きな投資ができるのは、頭打ちになっているテレビ広告市場への危機感がある一方で、本業で安定的に稼いでいることから余裕もあるのだろう。

次ページ視聴率低下が続くフジテレビ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。