NYで築109年の家が50億円で売れた!

億ション売れまくるNY住宅市場の狂乱

マンハッタン中西部の「ハイライン」の周りには次々と新たなアパートやコンドミニアムが建設されている

まるで新手の不動産展示場のようだ。

空中庭園の両脇には雨後の竹の子のごとく高級アパートメントが次々と建設されている。ニューヨーク・マンハッタン中西部に位置するハイライン。かつて鉄道が走っていた高架線は長らく廃墟と化していたが、2009年に全1.45マイル(2.32キロメートル)空中緑道公園として再開発され、オープンした。

マンハッタン中西部は最寄りの地下鉄駅からのアクセスも悪く、開発が遅れてきたが、ハイラインの誕生で周辺事情は一変。今やマンハッタン随一のホットな地域となり、ニューヨーク・タイムズ紙によると、同地域の不動産価値は2003年~2011年で約2倍に膨らんだ。

世界中のマネーや人が集まるニューヨーク。金融危機以降、不動産価格は低迷し、新規案件の開発や売買などは凍結されてきたが、近年は再び市場が活性化し始めている。実際、多くの不動産関係者は「市場動向はリーマンショック前の水準に戻ってきた」と口をそろえる。

中でも需要が膨らんでいるのが高級分譲物件だ。米不動産大手コルコランによると、マンハッタンの住居用不動産の平均半版価格は今年(2014年)4~6月期に169万ドル(約1億7700万円)と、前年同期比2割以上上昇した。近年の資産高により、株や不動産など金融資産保有者がますます資産を蓄積する、という経済状況にあって、所得上位1%とも0.1%とも言われる超富裕層による消費意欲が旺盛なことが背景にある。

ベッドルームから摩天楼一望

今、もっとも話題になっている高級コンドミニアム(マンション)と言えば、マンハッタン西57丁目にある「One57」だろう。90階建ての92室で広さは94~1259平方メートル。価格はもっとも高いペントハウスで9000万ドル(約95億円)に上る。すでに7割が売れている状態で、ファッションブランド、マイケル・コースの大株主ローレンス・ストロール氏や、同ブランドの新規株式公開(IPO)で巨万の富を得た香港人のサイラス・チョウ氏などの名前が購入者としてあがっている。販売担当者によると、米国人と「外国人」の購入比率はほぼ半々という。

次ページそのうちの1室を訪ねてみた!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。