ついに資生堂も本格参戦、熱気を帯びる“3ケタ”化粧品

ついに資生堂も本格参戦、熱気を帯びる“3ケタ”化粧品

「安易に低価格品市場には参入しない」。そう公言してきた国内化粧品の雄、資生堂がついに重い腰を上げた。

9月中旬、「専科 保湿クリームからつくった化粧水」を発売。市場想定価格は980円だが、ドラッグストアでは2~3割引きで売られる可能性が高い。パッケージはシンプルで商品名も機能性のみを訴えたのが特徴。同社では珍しく「詰め替え用」を投入するなど、従来の高級路線とは一線を画する。

背中を押したのは、止まらない化粧品の低価格化だ。リーマンショック後、ドラッグストアを1000円未満の“3ケタ”化粧品が席巻。草分けのロート製薬「肌研(ハダラボ)」の化粧水は、ドラッグストアで4年連続売り上げ1位を独走している。資生堂は従来、2000円以上の商品を得意としてきたが、格安品への流出が進む中、新商品投入に踏み切った。

もっとも、低価格品は粗利が薄く、国内単独展開では大きな収益貢献は見込みにくい。そこで、資生堂は年内の台湾での発売を皮切りに、2011年以降アジア各国に販売地域を拡大。生産も当初は日本で行うが、4月に本格稼働したベトナム工場移管も視野に、コスト圧縮を図る。

国内では8月から9月にかけて、コーセーとカネボウ化粧品が相次ぎ低価格ブランドを発売。大手の巻き返しはいかに。

■資生堂の業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 =週刊東洋経済2010年10月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。