セブンカフェ成功の裏にあった「30年戦争」

ただひたすらに、市場の声を聞け!

 セブン-イレブンの100円コーヒー、スターバックスの2000円コーヒー、「コーヒー界のアップル」ブルーボトルなど、最近、コーヒー市場をめぐる各企業の競争が加熱している。
 『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』の著者である永井孝尚氏によると、「コーヒー業界をめぐり各社が打ち出す商品、ビジネスモデルは、最新ビジネス戦略を学ぶ好材料」だという。そこでコーヒーの裏側にある高度なビジネス戦略について語ってもらった。
セブンカフェの成功の裏には、30年にわたる苦闘の歴史が。

セブンカフェは実は30年選手だった!

感度が高い友人たちがFacebookやTwitterで、「最近、セブン-イレブンの100円コーヒーがうまい。もしかしたらスタバやタリーズレベルじゃないか?」と書き始めたのは、2年近く前のこと。2013年初めのころだ。

「『スタバやタリーズのレベル』は、いくらなんでも言いすぎだろう」と思って、自分も飲んでみて驚いた。「コンビニの100円コーヒーだったら、このレベルの味だろう」という自分の常識を破壊する本格派レギュラーコーヒーだったのだ。

実に5度目の挑戦で大ヒットとなったセブンカフェ

私同様、多くのコーヒー好きの人たちにとって、2013年に登場したセブンカフェは衝撃だったはずだ。しかし同時に、こう思う人も多いのではないだろうか?

「いや、待てよ。セブンは以前から店頭でコーヒーを出していたはずだ」

そのとおりなのだ。セブンが30年以上にわたってコンビニコーヒーに挑戦し続けてきたことは、あまり知られていない。セブンにとって、セブンカフェは実に5回目の挑戦だったのだ。

そしてコンビニコーヒーへのセブンの挑戦を振り返ることで、セブンの強みをあらためて知ることができるのだ。

そこで今回は、当連載第1回目でご紹介したセブンカフェについて、再び別の角度から考えてみたい。

次ページ30年前からそこそこ成功していた?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。