東大発!「世界最速2足歩行ロボット」の実力

<動画>「アキレス」はマラソン選手並みの速さ

く世界最速2足歩行ロボットとされる「アキレス」の雄姿

日本の研究者が、2足歩行ロボットにアイセンサー・カメラを搭載することにより、ランニングマシンの上を走りながらも自身でバランスをとれるようにしようと試みている。

開発者によると、この新しいロボット「アキレス」は、このサイズのものとしては世界で最も速く走ることができる2足歩行ロボットだという。東京大学の研究者たちによって開発された高さ14センチのロボットは、時速最大4.2キロで走ることができる。

人間のサイズなら時速10~20キロ

チームリーダーである東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授は次のように語る。「私たちは、人間のサイズに置き換えた場合に時速10~20キロ走ることができるロボットを作りました。これは普通にジョギングやマラソンをするときのスピードと同じであり、私たちの知る限りでは最速のロボットということになります。」

「アキレス」とは、ギリシャ神話の英雄を表す。このロボットの性能の鍵となっているのは、1秒間に600フレームの撮影機能を備えたアイセンサーと動作解析テクノロジーだ。石川教授は続ける。「私たちは機敏かつ正確に動くことできるロボットを作るために、高速に耐える目と高速のモーターを使用しました」。

次ページ残された課題とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。