中東混乱、原油価格の安定はいつまで?

畑中美樹・インスペックス特別顧問に聞く(下)

(撮影:尾形文繁)

※前編はこちら

――一方、中東の地政学リスクが原油市場に与える影響をどう見るか。

最近、ウクライナやイラク、リビア、ナイジェリアなど地政学リスクは存在しているけれども、原油価格は下がっている。つまり、地政学リスクと原油価格はリンクしていない。

理由は二つある。一つはシェール革命だ。米国の石油の生産量が増え、輸入量が減少している。過去4年間ぐらいで日量220万バレル程度も輸入量が減った。米国が買わない分が他国へ流れるわけで、それだけ需給が緩んでいる。

もうひとつは、地政学リスクが高まっているとはいえ、原油の生産、供給にほとんど支障が出ていないことだ。イスラム国はイラク中央部やシリアで活動しているが、イラク南部の主要油田などには行けないことがはっきりしている。そのため、原油価格が上がらない状況になっている。

シェールの供給量は2020年以降減っていく

問題は、それがいつまで続くかだ。シェール革命にはいろいろな見方があるが、2020年以降になるとシェールガスやシェールオイルの供給が減り、オイルに余剰感がなくなるというのが一般的な見方。小さいガス田や油田が多く、寿命が7~8年程度なので、次から次へと掘っているが、だんだんと採掘が難しくコストのかかる井戸が増えてくる。採算が悪くなるので、生産量も落ちていくと見られている。

また、イラクでは、欧米系の石油会社が投資先から撤退したり、従業員を一時避難させたりしている。5~7年先を見ると、当初想定されていた石油の増産計画が未達に終わる可能性がある。特にイラクは2020年以降、世界の石油需要が増加する分の6割ぐらいを賄うと予想されている。それがその通りにいかなくなれば、シェールの頭打ちと合わせて供給が伸び悩み、地政学リスクが原油価格に効きやすくなる可能性がある。

次ページサウジのリスクも高まっている
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。