【映像解説】深刻化する30代問題--プレッシャーきつく、うつ病患者が多い

【映像解説】深刻化する30代問題--プレッシャーきつく、うつ病患者が多い

うつ病など心の病にかかる人のうち、約6割が30代だ。(日本生産性本部調べ)。

1990年代前半から2000年代前半の就職氷河期に大学を卒業した若者も30代となり、今や中堅社員として会社から期待されている。自分の仕事以外に部下や後輩の指導、そして新規事業の開発と会社からの期待は大きく、プレシャーはきつい。

人材サービスのインテリジェンスが行った調査では、30代のビジネスパーソンのうち、43%が毎月20時間以上の残業を、10%は毎月60時間以上の残業をしている。

世代構成で見ると、30代の上は「バブル世代」。30代から見れば、うっとうしい世代だ。

そして30代の下はいわゆる「ゆとり世代」。30代からから見れば、価値観が異なってつき合いにくい世代と言える。

「バブル世代」と「ゆとり世代」に挟まれて30代はつらい立場にある。

つらい立場にあっても、相談相手がいれば救われるが、30代は就職氷河期に入社したので同期が少ない。これは、相談したり、気楽に愚痴をこぼしたりする相手が非常に少ないことを意味する。

こういった状況では、うつ病にかかる30代が多いのも当然だろう。

最近は「ゆとり世代」が注目されることが多いが、30代問題の方がはるかに深刻かもしれない。

30代問題について東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。


人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。