ベントレーが4000万円超の高級車を発売

その名は「ミュルザンヌ・スピード」

[パリ 3日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン傘下の英高級車ブランド、ベントレーは超高級車「ミュルザンヌ・スピード」を発売した。今後拡大が見込まれる超高級車市場でシェアを広げる狙いがある。

同車の価格は32万4000ユーロ(41万1000ドル)と、ベントレーにとって最高級モデル。また、8気筒エンジンを搭載し、新しい燃焼システムを採用したため、4.9秒で時速100キロまで加速することが可能。

ベントレーは車種の多様化を進めており、2016年には高級SUV(スポーツ用多目的車)の発売も予定している。アナリストらは、ベントレーが高級車市場のシェアを拡大するには多様化が不可欠と指摘する。

調査会社IHSオートモーティブによると、価格が12万ユーロ以上の超高級車の販売台数は昨年の7万台から2018年までに13万3000台と、ほぼ倍増する見通し。米国と中国の超富裕層の増加が見込まれていることが理由。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。