フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

排気量6262cc、740馬力の「フェラーリF12ベルリネッタ」

アクセルを少し強めに踏んでみた。

記者が運転する「フェラーリF12ベルリネッタ」は、ほんの一瞬でスピードを急上昇させた。まるでジェット機が離陸態勢に入った瞬間のような、強烈な加速である。

「速い!!」。事前の想定を超えたあまりのものすごさに正直驚いてしまい、すぐに右足をアクセルからブレーキに踏み替えた。少し強めにアクセルを踏み込めた時間は、2秒あったかどうか。安全運転が必須であり、交通法規も守らなければならないという大前提はあったが、そんなことよりも先に、危険を察知するように体が反応していた。これまで、かなり速いと言われるスポーツカーや高級車を数車種運転したことがあるが、こんな感覚は初めてだ。

10月5日。東京都内某所。記者はイタリアのスポーツカー「フェラーリ」の最高峰モデルであるF12に試乗した。ちゃんと運転席に座り、ハンドル、アクセル、ブレーキを使って、実際に運転したのである。

「一介の経済記者がなぜ、フェラーリに?」。読者の皆さんの大半がそう思って、この記事を読み始めたのではないだろうか。そこで詳しい試乗記に入る前に、経緯を少し説明させてもらいたい。

次ページ超高級車の価格は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。