だからヤマ発は「YouTuber」を起用した

個人がマスメディアを凌駕する時代

ヤマハ発動機のバイク試乗会を人気ユーチューバーのHIKAKINさんがレポート

動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」発のスター、YouTuber(ユーチューバー)が脚光を浴びている。特技を生かしたオリジナル動画で、熱いファン層を集める人たちだ。

HIKAKINを見るために445万人が登録

25歳のHIKAKIN(ヒカキン)さんは、若者を中心に日本でもっとも人気があるユーチューバー。いわゆる「ヒューマンビートボックス」といって口を楽器のように使って人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」の音楽を再現する動画でブレイクし、今ではゲーム実況や商品紹介などユーモア満載の動画を毎日公開。HIKAKINさんの動画を見るために445万人が登録し、累計再生回数は11億回を超える。

若者人気の本領が発揮されたのが、今年7月に行われたヤマハ発動機の新商品である、3輪スクーター「トリシティ125」のプロモーションだ。ヤマハ発はHIKAKINさんを新商品の試乗会に招き、動画でその模様をレポートしてもらった。

結果は大当たり。動画の再生回数は半日で60万回を突破し、「乗ってみたい」「カッコいい」など、動画へのコメントが数多く寄せられた。費用面でも、ネットのバナー広告なら1クリック当たり100~300円のコストが発生するところを、1再生当たり数円に抑えることができた。ヤマハ発動機広報宣伝部の野中憲氏は「若者のバイク離れは深刻。そのため10~20代の利用者が多いユーチューブで、若者に新商品やヤマハというメーカーを知ってもらおうと考えた」とHIKAKINさんを起用した狙いを語る。

このほかにも、女性ユーチューバーの佐々木あさひさんがネスレ日本の粉末飲料「ふわラテ」を得意のメイクアップと連動させて紹介したり、これまたユーチューバーで役者でもある瀬戸弘司さんが軽快なラップで養命酒をPRしたりするなど、企業による活用は広がっている。

背景の一つには、テレビCMでは情報を届けられない層が出てきていることがある。ユーチューブを頻繁に見る人はテレビをあまり見ない傾向にある。つまり、テレビからユーチューブへと、若年層を中心に視聴者のシフトが起きているのだ。さらに、ユーチューブなら、通常数億円かかるテレビCMよりも、はるかに安い費用で広告効果の高い動画を配信することができる。

視聴者からの反応も概して良好。なぜなら「ユーチューバーは商品のよいところも悪いところも好きなように発信し、企業に発言を押し付けられることがない」。後出するuuumと提携した戦略PR会社ブルーカレント・ジャパンの本田哲也社長は言う。

次ページYouTuberの収入は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。