インド発スーパー耐性菌が日本でも発見、インド国内では報道されず

インド発スーパー耐性菌が日本でも発見、インド国内では報道されず

インドから帰国し独協医科大学病院(栃木県)病院に入院していた患者から、抗生剤で治療しにくいスーパー耐性菌が検出されていたことがわかった。

医療体制や衛生面の不安から、インド赴任を避けたがるビジネスマンは少なくない。また、企業としても駐在員の健康は非常に気になるところだ。

インドでは腸チフス、赤痢、コレラ、ウイルス性肝炎、マラリア、狂犬病などに気をつけなくてはならないが、予防法も治療法も確立されている。しかし、スーパー耐性菌にはどう対応すればいいのだろうか?インド駐在員にとっても、駐在員を派遣している企業にとっても深刻な問題だ。

そこで、インドの事情に詳しい株式会社ネクストマーケット・リサーチの須貝信一代表取締役に、インドの医療事情について聞いた。同社はインド、南アジアの企業・金融・経済情報の提供のほか、インド進出支援コンサルティングなどを行っている。

--インド進出日系企業の駐在員が赴任する上で本社側人事部が気にすべきこととして、医療についてお聞きします。報道されている通り、インド発スーパー耐性菌(NDM1)が日本でも発見されました。前回のインタービューでもインドの医療事情についてお伺いしましたが、今回もいろいろ問題がありそうですね。

スーパー耐性菌(スーパーバグ)の件で、日本人で感染者が出たことは現地で報道されていません。このスーパー耐性菌については、先月中旬に多少報道されたのですが、これは、イギリスの『The Lancet(http://www.thelancet.com/)』という医学誌が今回の耐性菌について発表したことにインドが抗議したという内容です。

イギリスで今回の新型耐性菌保持者が多数見つかり、その患者の多くがインド、パキスタン及び周辺国からの帰国者だったことから「インドに特定して原因とすること」、「新しい菌の名前にNewDelhiを略してNDとつけたこと」に対してインド政府が医学誌を非難したという内容でした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。