JALで顧客情報漏えいの可能性

最大75万件、不正アクセスで

 9月24日、日本航空は、顧客情報管理システムへの不正アクセスにより約11万件のマイレージ会員情報が漏えいした可能性があると発表した、成田空港で昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 日本航空(JAL)<9201.T>は24日、顧客情報管理システムへの不正アクセスにより、約11万件のマイレージ会員の顧客情報が漏えいした可能性があると発表した。送信されたデータが圧縮されていた場合は、最大75万件に上る可能性があるという。

現時点で顧客から被害の報告はないが、流出した可能性のある情報は会員の氏名、生年月日、性別、自宅住所、勤務先、メールアドレス。パスワードやクレジットカード番号の漏えいは確認されていない。同システムは約2800万人の顧客データを管理している。

社内のパソコン23台に顧客データを抜き出して外部のサーバーに送信するプログラムが埋め込まれており、顧客情報管理システムにアクセスできるパソコン12台のうち7台から実際にデータを送信しようとしていた形跡があった。24日に判明した。同社は現在、流出した情報内容の特定や原因について詳しい調査を進めている。

*内容を追加しました。

 

(白木真紀 編集:田中志保)

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。