死ぬな、生きていれば何とかなる!

幾多のハンデ、異色ファンマネの壮絶半世紀

並木秀之(なみき・ひでゆき)●1953年生まれ。生まれつき脊髄に障害があり、不自由な下半身に。大東文化大学卒業後、会計事務所勤務を経て会社設立。100社以上の破綻処理に携わる。シティバンクに17年勤め、ファンド運営も手掛ける。この間、35歳から膀胱がん、肝臓がん、白血病など5度発症したが、乗り越える(撮影:田所千代美)

数々のハンデを強みに変えて乗り切った半生。『死ぬな』(新潮新書)に、その壮絶な体験を記録した。自身の体験から浮かび上がる、異色のファンドマネジャーの「弱者の戦略」。

──人生は「生きてさえいれば何とかなる」ものですか。

文字にしていただくと自分でも壮絶な人生を送ってきた感じはする。生まれたときから体が不自由だったから、次にどう進むか考えるときに、いつも限られた選択肢しかなかった。小学5年で父を亡くし、母子家庭になって、下世話な言い方をすれば、どちらが得かで選んできただけといえる。人生は“思い込み"がないと楽に生きられるようだ。

──いい出会い、いい巡り合わせがあったようです。

60年間生きてきて、運はよかったといえる。内部障害はあったが、見た目には足が悪いだけ。それが役に立った。周りの人がそれなりに気づいて、手を差し伸べてくれた。

高校の先生が母親を説得

──大学に進学しました。

経済状況からしたら大学には行けない。工業高校の電気科に行ったのも就職がしやすいと思ってのことだったが、高校の先生が母を説得してくれた。進学した大学は予備校の現代国語の先生が、自分の大学に来たらと誘ってくれた先だ。自校出身者を教員に採用しており、その道を歩むのもいいのではと勧めてくれた。

次ページ大学では憲法を学んだ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。