地域主権の近未来図 増田寛也著

地域主権の近未来図 増田寛也著

「地域主権」とは民主党が使いだした言葉で、これまで用いられてきた地方分権と同義である。本書は、岩手県知事として地方の政治を担ってきた著者が、これからの地方分権のあり方を説く。

分権を進めるとは、権限やおカネを国から都道府県や市町村に移すこと。つまり、政治の決定権を身近な自治体が持つことでもある。優秀な医者を増やす、国際化の中で英語教育を充実させる、子育てしやすい環境をつくるなどでも、独自の政策が実行できるようになる。そうなれば、税金の使い道にも納得がいくに違いないという。

地域の政治を他人任せにせず、住民一人ひとりが自覚的になることが市民生活を豊かにする第一歩だとわかる。

朝日新書 735円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。