ゴーンCEOの役員報酬8.9億円をすんなり認めた日産の株主総会--問われる株主たちの“民度”

ゴーンCEOの役員報酬8.9億円をすんなり認めた日産の株主総会--問われる株主たちの民度

株主は真剣にゴーンCEOの経営を見守っているのか?

8億9000万円--日産自動車CEOのカルロス・ゴーンの役員報酬である。

どこと比べると適正なのかが問題だが、カルロス・ゴーンCEO本人としては、「世界基準(米国・欧州)と比べれば決して高くはない」という金額になる。

株主総会では多少の異論はあったようだが、大枠では了承ムードだったと伝えられる。「ゴーンCEOはガイジンだから仕方がない」--。それは論理を超えている、というかまるでコンプレックスにほかならないといった感もないではない。

しかし、これは日産自動車の株主たちの「民度」が問われる話ではないか。

物わかりのよい株主だけでは日産自動車はよくならない。カルロス・ゴーンCEOやIR・総務担当者は、とりあえずほっとしたのかもしれない。だが、そんなことで日産自動車は「よい会社」「強い会社」になれるのか。

相当な異論が噴出して了承されたということなら、日産自動車株は「買い」になる。

株主たちが真剣に厳しくカルロス・ゴーンの経営を見守り、ダメな経営ならば、CEOを解任するぐらいの気概があるなら、カルロス・ゴーンも気が抜けない。

株主総会が大枠でシャンシャンと終わったというのでは、株主たちのチェックが機能していないということになる。

黒字化だが無配、という業績は、「8.9億円」に見合うか?

日産の前10年3月期は収益が何とか黒字化した。これは一定評価できるだろう。しかし、配当は無配である。日産も一応気を使って、9億円を1000万円削って8億9000万円に刻んだ節がある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。