【産業天気図・外食】外食支出は依然厳しく、低価格戦略で業績低調。景況感は「曇り」続く

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

外食業界の2010年4月~11年3月は、終始「雲り」で足踏みしそうだ。牛丼や居酒屋などで低価格競争が激化。店舗数の過剰もあり、価格消耗戦は当面収まりそうにない。一方で、高級感を打ち出した店舗戦略も一部で登場、価格戦争の一服にも期待が出ている。

厚生労働省の4月分毎月勤労統計調査(速報値、事業所規模5人以上)によると、一人当たりの平均現金給与総額は、前年同月比1.5%増の27万5985円だった。前年を上回ったのは2カ月連続だ。

一方、総務省の同月分家計調査報告(速報値、2人以上の世帯)では、外食を含んだ食料項目の支出は、実質ベースで5カ月ぶりに前年同月比マイナスに転じている。消費者の消費意欲は、外食への支出を増やすほどには回復していない状況。日本フードサービス協会によると、4月の全店売上高は前年同月比0.5%減。客数は同2.9%増だったものの、客単価が同3.2%減り全体を目減りさせている。

厳しい環境に対し、値下げで消費刺激を図る企業は少なくない。代表例が牛丼。大手3社の牛丼並盛り価格は、09年12月以降値下げしたゼンショー<7550>の「すき家」が280円、松屋フーズ<9887>の「松屋」が320円。一方、価格を据え置いた吉野家ホールディングス<9861>の「吉野家」は380円。相対的高値が前年対比の既存店売上高に打撃を与えている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。