バンダイ、「妖怪ウォッチ」で泣き笑い?

空前のヒットで第1四半期は過去最高益となったが

妖怪ウォッチ関連グッズの中でも、腕時計のおもちゃ「DX妖怪ウォッチ」(写真右)は大ヒット商品となっている(撮影:尾形文繁)

「生産調整は一切していません。とにかくウォッチもメダルも生産体制を整えて、少しずつ追い上げています」。8月5日、バンダイナムコホールディングスは2014年第1四半期(4~6月期)決算を発表した。電話会見で説明を行った同社の浅古有寿・経営企画本部長は、社会現象にもなっている人気キャラクター「妖怪ウォッチ」に関する説明に大半の時間を割くこととなった。

 3カ月でほぼ年間予算達成

同社が発表した第1四半期決算は、売上高が前年同期比15・7%増の1225億円、営業利益は同26・2%増の168億円と、05年にバンダイとナムコが経営統合して以来、四半期最高益を達成した。これを受けて中間期(4~9月期)決算の予想も上方修正しており、売上高は前年同期比11・6%増の2550億円(期初予想2350億円)、営業益は同5・3%減の250億円(同200億円)となる見通し。通期予想は据え置いているが、これは年末商戦の動向を精査した上で見直すためであり、通期で好決算となる可能性が高そうだ。

好発進となった要因の一つは、妖怪ウォッチ関連商品の売れ行きが好調に推移していることがある。コンテンツ自体はゲームソフト会社のレベルファイブが手掛けており、バンダイは関連グッズの生産・販売を行っている。中でも主人公のケータが身につけている腕時計のおもちゃ「DX妖怪ウォッチ」(3200円)は深刻な品切れが続くほどの人気で、これと組み合わせて遊ぶメダル(2枚180円)も小学生から圧倒的な支持を得ている。8月2日には新型の「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」を投入したばかりで、勢いは止まりそうにない。

5月時点で同社は妖怪ウォッチ関連の今期売上高を70億円と見ていたが、第1四半期時点ですでに65億円を突破。会社側は通期で200億円超になる見通しを示したところ、アナリストたちからは「保守的すぎるのでは」という質問が相次いだ。確かにメダル生産体制は、今年1月から来年3月末までに1億枚としていたが、これを年内1億枚に前倒ししている。ウォッチの生産体制も、「かなり消費者にご迷惑をおかけしているので、なるべく早く供給できるよう努力したい」(浅古本部長)と随時増強しているという。

次ページ妖怪ウォッチブームは悩ましい?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
家電の先兵 ダイソンの秘密

サイクロン掃除機や羽根なし扇風機などのデザイン家電で人気を集めるダイソン。今度は4万円台のドライヤーを発売。美容家電でも奇跡を起こすか。その先は電気自動車に参入?

  • 新刊
  • ランキング