研究者はどこの世界でも超多忙!?

<動画>フランクフルト大学の数学者のデスクメシ

今や研究者は、会社員よりも多忙だ。特に若手ともなれば、日々の研究に加え、師事する教授の研究や授業のアシスタント、学生の相談役などとにかく忙しい。また会社員のように、研究には決まった定時がないから、没頭しているうちに気がつけば夜中ということも珍しくない。

それは日本だけでなく海外でも同じようで、フランクフルトの大学で、数学研究者の卵として勤務する浅井雄介さん(36歳)も、平日はゆっくりお昼ご飯を食べる時間を確保することが難しい日も多い。

世界で活躍する日本人の1週間のランチを紹介する『世界で戦う!エリート飯』。今回はフランクフルト在住の、数学研究者の超多忙な平日の昼食の模様を紹介する。デスクメシでもお国柄は出るようで…?

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>米中の起業家人脈が共振

米国発祥のメイカームーブメント。個人でも企業と同様、世に流通しうる製品を生み出す動きを指す。深圳は今、メイカーズのハリウッドと呼ばれ、米国と中国の流れが合流しつつある。