宇宙を目指す?最強の”美女医”登場

エリート美女は知力・体力・行動力!

『宇宙飛行士はこうして生まれた 密着・最終選抜試験』というNHKスペシャル(2009年放送)を今でも覚えている。宇宙航空研究開発機構が10年ぶりに実施した選抜試験に応募した963人のうち、最終選考に残ったのは10人。心技体を兼ね備えたエリートたちの極限の戦いを追っていた。唯一の女性として「ファイナリスト」に選ばれていた女性が本連載に登場してくれる。

都内の自宅マンションにて。高価そうな絵画や置物に気圧されながら撮影しました

産婦人科医の江澤佐知子さん(41歳)は、今も宇宙飛行士を目指しつつ医療分野でもエネルギッシュな活動を続けている。医学博士であり、臨床医として診察と治療にあたる傍ら、電子母子手帳を開発・運営する会社を設立、さらに子宮頚がんの予防・検査を啓蒙することを中心としたNPOも女性医師仲間と結成しているという。どんな育ち方をしたらこんなスーパーウーマンになるのだろう……。

インタビュー場所は、江澤さんが行きつけだという西麻布の「祈年 手打茶寮」。そば店を指定するなんて粋だなあ。昼過ぎに現れた江澤さんは、本当は31歳ではないかと疑うほどの肌の美しさである。聞けば、この3年間は独自開発の美容クリームしか使っていないという。うーむ、すべてがカッコいい。軽い興奮状態のまま話を聞くことになった。

次ページ自己主張できる日本人になりたい!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。