マレーシア航空再建計画、8月末までに発表も

機体不明事件、そして撃墜で経営は混迷

 7月22日、マレーシア航空の再建計画が8月末までに発表される可能性があることが、関係筋の話から明らかになった。写真は同社機を眺める人。クアラルンプール空港で19日撮影(2014年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシア航空の再建計画が早ければ8月末までに発表される可能性があることが22日、関係筋2人の話から明らかになった。

マレーシア航空は3年連続で赤字を計上していることに加え、3月に機体が行方不明となる事件が発生して以来、さらなる業績不振に陥っている。17日にはウクライナ東部上空で撃墜される事件も発生した。

関係筋によると、同社は8月半ばに予定している第2・四半期決算の発表後、再建計画を発表する見通し。

同社の69%を保有する政府系ファンド、カザナ・ナショナル[KHAZA.UL]は6月、再建計画を半年から1年以内に発表する考えを示していた。また、今月に入り、非公開化の計画があることも関係筋の話しから明らかになっていた。

カザナの広報担当は観測に基づく報道にはコメントしないとしたほか、マレーシア航空はコメントを差し控えた。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。